ただすの森サロンについて

京都・下鴨の“ただすの森サロン”は、
からだを癒すだけでなく、心を癒す方法も知ることのできる

アットホームで気軽なサロン&スクールです。


自然に囲まれれば誰もがリラックスするように、日頃なかなか意識しないだけで、実は誰もが”目に見えない力”を感じています。『ただすの森サロン』は、”目に見えない力”、レイキやカラーボトルカウンセリング、シータヒーリングを使い、からだの癒しだけではなく、自分自身の心を癒し、元気になる方法を知って頂きたいと考えています。セラピストの養成教室も行っておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

ただすの森サロンについて

『ただすの森サロン』オーナー
大戸 万里子Ooto Mariko

大戸万里子
私が様々なエネルギーワークに関わったきっかけは、主人が病気によって他界したことからでした。そのとき私はお医者様に「治して下さい」とすがることしか考えられませんでした。その後レイキの存在を知り、自分でも使えるようになった時に、"もしあの時レイキの存在を知っていたらもっと私にも出来ることがあったのではないだろうか"と考えます。今はただ感謝しています。
2002年4月より本格的にレイキを学び始めました。気の存在を知ると、今まで感じていなかった世界が突然広がりました。それは私にとって大きな変化と感動でした。私はその数日間で「私でも人や自分を癒すことが出来る。」ことを知ったのです。またそれと同時期、2002 年9月エステシャンとしてレイキとエステの相乗効果でお客様に喜んでいただくことがとても嬉しく、レイキは2003年師範格になりましたが人に教えることもなく施術のみを行っていました。シータヒーリングは2004年2月日本でセミナーとしては最初の開催に参加しました。まだオリオンシータヒーリングとよんでいた頃です。2007年7月、友人に初めて直傳靈氣セミナーをしたのがきっかけに、人に伝えて喜ばれる体験を得てその意義にめざめ、2008年11月還暦記念にレイキの師範になり、これからは自分の出来ることを社会に還元していきたいと考えました。その後2010年3月、シータヒーリングの基礎DNAインストラクターも何かに導かれる感じで受講し、インストラクターとなりました。
私はこのサロンを通じて、こういった誰もの傍にある”目に見えない世界”の存在に気付いて欲しいと考えています。たった数日の体験が、私の人生を大きく変えたように、知ることで世界が広がる感動を伝えていきたいです。